アミノインデックスについて

血液中のアミノ酸濃度は、一定に保たれるようにコントロールされてますが、がん患者ではアミノ酸濃度のバランスが変化することが報告されています。

血液中のアミノ酸濃度を測定して、アミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、がんに罹患しているリスクを予測する検査です。

解析対象となるがんの種類

◆ 男性(4種) 胃がん、肺がん、大腸がん、前立腺がん

◆ 女性(5種) 胃がん、肺がん、大腸がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん

◆ 女性(2種) 乳がん、子宮がん(子宮頚ガン、体がん)、卵巣がん

AICSの3大メリット

◆ がんの種類やタイプにかかわらず一度に複数のがんを検査できる

◆ 早期がんが検出できる

◆ 採血による簡便な検査で被ばくの心配がなく、健康診断と同時に受信できる